「変わらない日常」に思うこと…

おはようございます。尾瀬@この夏は主にヘルパーな理事長です。今日も蒸し暑いですね。


昨日から久し振りにホームでの泊でした。いつもお世話になっている世話人の方が体調を崩されお休みされているので、「ピンチヒッター」です。メンバーの皆さんの暮らしがいつも通りに送れるようにできることが何より大切なので、他の支援も含めていろいろ調整する訳ですが、そうすることで結果としてスタッフの皆さんが必要な時には気兼ねなく休んでいただけることに繋がると思っています。そして、改めて私達の仕事にとって、「人」が何よりの財産だと痛感させられています。

ホームでは夕方、通所から帰ってこられ、お風呂に入り、夕食を食べ…といつもと変わらない時間が流れています。そして、部屋でテレビを観ながらゆっくりした後のコーヒータイム…彼とは時々ガイドヘルプで一緒にお出かけしますが、モールのカフェとはまた違った、なんともほっこりとした時間。これもまた、いいものですね。


「毎日変わらない日常」の尊さと、それを続けて行くことの大切さと難しさ…ちょっと大げさかもしれませんが、そんなことを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です